Skip to content

使い方を学ぶ

いくらAUTO CADを導入したとしても、使いこなせなければ意味がありません。特に近年はきちんと新人を指導できない企業が増えているので、ある程度自分で学習しなければいけない面もあるのです。自分で学習するなんて不可能だと思う人もいるでしょうが、現在ではAUTO CADの使い方がきちんと記載されている本も販売されていますし、インターネット上でも使い方を調べられるサイトがあります。

このようなツールを利用して、ある程度勉強しておくこともできますし、通信教育を利用して勉強するという方法もあります。勉強するためにはAUTO CADの導入も必要になるでしょうが、実は無償体験版をダウンロードすることができるので、これで導入費用を抑えて学習することが可能になるのです。なぜこのような無償体験版があるのかというと、もちろん独自で勉強できるようにするためです。

本格的に導入すると費用がかなり必要になるので、勉強をしてから導入できるように配慮していると言えるでしょう。導入したらいよいよ学習に入るのですが、学習するべきポイントは、設定と作図、そして印刷です。これだけ覚えてしまえば、あとは実戦経験を積んで覚えていくようになります。テンプレートも用意されているため、本格的に作図することができるので、比較的早く覚えられるでしょう。