Skip to content

作者別: admin

互換ソフトウェア

AUTO CADの導入費用を抑えるための方法として、互換ソフトウェアの導入が最も有効的だと言われています。では、どのような互換ソフトウェアが存在しているのでしょうか。1つ目は学生版のAUTO CADなのですが、もちろん学生が勉強するために用いられている互換ソフトウェアになるので、学校での導入には適しているでしょう。学校でも無駄な費用を抑えたいと考えているところはたくさんあります。

ただし、学生版は商用に用いることができないという規約があるので、商用に用いるのであれば、DraftSightという互換ソフトウェアがおすすめです。この互換ソフトウェアであれば、商用に利用することもできますし、ダウンロードをするときのユーザー登録も必要ありません。無償版もあるのですが、機能が制限されてしまうので、仕事には向いていない面も存在しています。

ただし、有償で機能を追加することも可能なのですが、使用料という形の料金設定になっているのです。他にもIJCADやZWCADなどの互換ソフトウェアが存在しているのですが、このようなソフトウェアを使用することで、ある程度導入費用を抑えることができるでしょう。まずは互換ソフトウェアの使い方や制限される内容、導入するための費用など、詳しい情報を得ておく必要があります。

費用を抑えて導入

AUTO CADを導入しようと思った場合には、数十万円の費用が必要になります。そのため、そう簡単に導入できないという企業もあるでしょう。特に設計を専門に行っている中小企業などでは、少しでも費用を抑えるために、古いソフトをそのまま使用していることもあるのです。なぜならバージョンアップするたびに費用が必要になってしまうからなのですが、古いままでは仕事に支障が出る場合もあります。

現代においては、昔のように製図という方法で設計を行っていたのでは時間がかかります。効率もかなり悪くなってしまいますし、収益も少なくなってしまうでしょう。しかし、古いタイプのAUTO CADをずっと使い続けていても、やはり使い勝手が悪くなってしまう場合もあります。そのため、バージョンアップも仕方がないと考えることも多いでしょう。

では、どのようにして導入費用を抑えるのかというと、互換ソフトウェアをうまく利用するという方法があります。他にもAUTO CAD以外の別の安い設計ソフトを導入するという方法もあるのですが、AUTO CADは最も使いやすく、機能も充実しているソフトだと言えるので、別の安い設計ソフトでは仕事に対応できない場合もあるでしょう。このようなときにはやはり互換ソフトウェアの導入が最もよい方法だと言えます。

参考サイト・・・AUTO CAD導入|アレス

使い方を学ぶ

いくらAUTO CADを導入したとしても、使いこなせなければ意味がありません。特に近年はきちんと新人を指導できない企業が増えているので、ある程度自分で学習しなければいけない面もあるのです。自分で学習するなんて不可能だと思う人もいるでしょうが、現在ではAUTO CADの使い方がきちんと記載されている本も販売されていますし、インターネット上でも使い方を調べられるサイトがあります。

このようなツールを利用して、ある程度勉強しておくこともできますし、通信教育を利用して勉強するという方法もあります。勉強するためにはAUTO CADの導入も必要になるでしょうが、実は無償体験版をダウンロードすることができるので、これで導入費用を抑えて学習することが可能になるのです。なぜこのような無償体験版があるのかというと、もちろん独自で勉強できるようにするためです。

本格的に導入すると費用がかなり必要になるので、勉強をしてから導入できるように配慮していると言えるでしょう。導入したらいよいよ学習に入るのですが、学習するべきポイントは、設定と作図、そして印刷です。これだけ覚えてしまえば、あとは実戦経験を積んで覚えていくようになります。テンプレートも用意されているため、本格的に作図することができるので、比較的早く覚えられるでしょう。

AUTO CAD設計

AUTO CADというのは、設計を行うために用いられているソフトウェアなのですが、製造業や建設業で設計図の作成を行うためには欠かせません。もちろん他のソフトウェアを導入して設計を行うこともあるでしょうが、AUTO CADが最も有名であり、最も多くの企業で導入されていると言ってもよいでしょう。個人で購入することも可能なのですが、導入するとかなり高い金額になるので、個人で導入することは少なくなっています。

AUTO CADには2Dと3Dが存在しており、機械設計や電気設計などでは2Dを使用することが多いでしょう。建築設計の場合には、平面図の作成には2Dが用いられているものの、建物の設計には3Dを用いることが多くなっています。他にも細かく分類すると、多くの種類が存在しているので、選ぶのに迷ってしまうことも多いでしょう。そんなときにはまず相談をしてみて、何の設計に用いるのかを報告すれば、適切なAUTO CADの種類を選んでくれます。

家電量販店でも、大型店舗であれば販売されていることがあるので、この場合には店員に聞いてみるのもよいでしょう。AUTO CADは比較的扱いやすいソフトウェアですし、機能が多い割には覚えやすいという人も多くなっているのですが、やはりある程度の知識は必要になります。特にソフトウェアを取り扱う知識よりも、設計に関する知識が必要だと言えるでしょう。よっていきなり設計の仕事を行うのはかなり難しいのです。当サイトではAUTO CADについて紹介しています。特に導入のメリットや互換ソフトウェア、費用を抑える方法などの情報を中心に記載しています。