Skip to content

AUTO CAD設計

AUTO CADというのは、設計を行うために用いられているソフトウェアなのですが、製造業や建設業で設計図の作成を行うためには欠かせません。もちろん他のソフトウェアを導入して設計を行うこともあるでしょうが、AUTO CADが最も有名であり、最も多くの企業で導入されていると言ってもよいでしょう。個人で購入することも可能なのですが、導入するとかなり高い金額になるので、個人で導入することは少なくなっています。

AUTO CADには2Dと3Dが存在しており、機械設計や電気設計などでは2Dを使用することが多いでしょう。建築設計の場合には、平面図の作成には2Dが用いられているものの、建物の設計には3Dを用いることが多くなっています。他にも細かく分類すると、多くの種類が存在しているので、選ぶのに迷ってしまうことも多いでしょう。そんなときにはまず相談をしてみて、何の設計に用いるのかを報告すれば、適切なAUTO CADの種類を選んでくれます。

家電量販店でも、大型店舗であれば販売されていることがあるので、この場合には店員に聞いてみるのもよいでしょう。AUTO CADは比較的扱いやすいソフトウェアですし、機能が多い割には覚えやすいという人も多くなっているのですが、やはりある程度の知識は必要になります。特にソフトウェアを取り扱う知識よりも、設計に関する知識が必要だと言えるでしょう。よっていきなり設計の仕事を行うのはかなり難しいのです。当サイトではAUTO CADについて紹介しています。特に導入のメリットや互換ソフトウェア、費用を抑える方法などの情報を中心に記載しています。