Skip to content

費用を抑えて導入

AUTO CADを導入しようと思った場合には、数十万円の費用が必要になります。そのため、そう簡単に導入できないという企業もあるでしょう。特に設計を専門に行っている中小企業などでは、少しでも費用を抑えるために、古いソフトをそのまま使用していることもあるのです。なぜならバージョンアップするたびに費用が必要になってしまうからなのですが、古いままでは仕事に支障が出る場合もあります。

現代においては、昔のように製図という方法で設計を行っていたのでは時間がかかります。効率もかなり悪くなってしまいますし、収益も少なくなってしまうでしょう。しかし、古いタイプのAUTO CADをずっと使い続けていても、やはり使い勝手が悪くなってしまう場合もあります。そのため、バージョンアップも仕方がないと考えることも多いでしょう。

では、どのようにして導入費用を抑えるのかというと、互換ソフトウェアをうまく利用するという方法があります。他にもAUTO CAD以外の別の安い設計ソフトを導入するという方法もあるのですが、AUTO CADは最も使いやすく、機能も充実しているソフトだと言えるので、別の安い設計ソフトでは仕事に対応できない場合もあるでしょう。このようなときにはやはり互換ソフトウェアの導入が最もよい方法だと言えます。

参考サイト・・・AUTO CAD導入|アレス